【ブログ初心者向け】SEOに強いWordPress有料テーマ10選

SEOに強いWordPress有料テーマ10選の画像 ブログ記事

(※2020年6月23日に更新)

こんにちは!

複業ブロガーのキョウです

 

前回はワードプレスの無料テーマについて解説をしました

 

今回は、有料テーマ且つSEOに強いとされているテーマを7選として解説しています

 

THE THOR

価格:14,800円(税別)

公式サイトに訪れると、ザ・トールの特徴が54個も解説されています

今回は、その中でも気になる2つの特徴について取り上げます

 

ザ・トールのオススメ特徴1:SEO対策

無料テーマでもあたりまえのように標準装備となっているSEO対策

有料ならではの機能として、ファイルの圧縮機能が標準装備されています

 

ファイルの圧縮ぐらい

と侮ってはいけませんよ

 

 

画像や動画のファイルはサーバーの容量を圧迫する原因の1つとなります

サーバーの容量を圧迫すると、ブログを投稿し続けることが難しくなっていきます

 

また、ブログの表示がサクサクと進まなくなることもあるので、ファイルが圧縮されている方が望ましいです

 

ザ・トールのオススメ特徴2:PWAを標準装備

PWAって何?

となりますよね

 

実は、Googleが推奨している技術の一つなのです

特に影響が出るのがスマホユーザー

最近は、スマホでブログやサイトを見る人が多くなっていますからね

この技術を使うと、表示速度が早くなったり、アクセス数が大幅に増えたりと、導入しない理由が見当たらないほどのメリットがあります

 

これが標準装備されているのは、かなりの強みですよね

 

ストーク19

価格:11,000円(税別)

公式サイトに訪れるとわかると思いますが、かなりデザインに力を入れているテーマになります

 

デザインに力を入れているとできることが多すぎて、結果的に優れたデザインを活かせないテーマが多いです

 

しかし、ストーク19はデザイン性を保ちつつもシンプルに抑えられているので、すごく使いやすい印象です

ストーク19のオススメの点は1つ

 

ストーク19のオススメ特徴1:最新エディタに対応

WordPressの記事投稿画面は以前とはレイアウトや機能が異なっています

そのため、多くのテーマが対応できていないのです

しかし、ストーク19は違います

最新のエディタにも対応をしているので、通常よりもより多くの機能を標準で使うことができます

 

例えば

・ボタンブロック
・テキストマーカー

など

 

スワロー

価格:9,900円(税別)

ストーク19と同じ会社が作っている別のテーマです

ストーク19とは異なったデザインをメインに作られています

基本的な機能は変わらないのですが、デザイン性を保ったまま、ブログ記事を書くことに専念できるように仕上げているのが特徴です

 

アルバトロス

価格:7,980円(税別)

こちらも、ストーク19スワローと同じ会社が作っている別テーマです

他のテーマに比べると金額が最も低いため、利用しているユーザー数が多いのが特徴です

 

スワローと同じくブログ記事を書くことに特化しているテーマなので、特にブロガー内での人気が高いですね

 

実際にユーザーの声が載っており、ブロガーやコンサルの人がデザイン性を褒めています

 

SANGO

価格:11,000円(税込)
※ただし、ConoHa WING経由で購入することで割安で買うことができます
(WINGパック:3ヶ月以上の契約期間→9,900円(税込)

公式サイトを訪れると、SANGOの特徴が30個も記載されています

その中から1つを取り上げます

 

SANGOのオススメ特徴1:最新エディタに対応

最新エディタに対応しているテーマが少ないなか、対応できるように専用のプラグインを準備しています

 

プラグインを利用すると、最新エディタに対応したアコーディオンや吹き出しなどを使うことができるので、よりブログ記事作成に集中できます

 

JIN

価格:14,800円

多くのブロガーが利用しているJIN

このテーマはアフィリエイトのノウハウが多く詰まっているテーマとして知られています

 

そのため、アフィリエイターに人気のテーマとなっています

特に初心者のアフィリエイターにはオススメな理由としては、収益を加速化させることが第一にあげられます

 

また、初期設定のデザインを利用していてもスタイリッシュで見やすい

なので、デザインをいろいろと弄らなくてもそのままで使うことができます

 

DIVER

価格:17,980円

DIVERはSEO対策はもちろんのこと、サイトの回遊率を上げたり離脱率を下げる機能が追加されています

 

これは他のテーマでは見受けられない機能であり、DIVERの特徴とも言えます
サイトの回遊率とは、内部リンクを正しく且つ適切に利用することができるので、SEOにも大きく関わってきます

 

また、ブロガーが悩む離脱率を下げる機能があるというのは、初心者にとってもかなり安心して利用できるテーマとしてオススメができます

 

Emanon Pro

価格:9,800円

ビジネスブログ用として開発されたワードプレスの有料テーマです

ビジネス用なので、デザインも黒を基調とした落ち着いた印象を受けます

レイアウトは6つを最初に準備されているので、その中から選ぶ形になります

 

当たり前のことながらSEO対策も追加されているだけでなく、モバイルフレンドリーにも対応しています

 

そのため、プラグインを追加で利用する必要がないので、ブログの表示スピードも速いままを維持できます

オススメなのは

・落ち着いた雰囲気のデザインを利用したい人
・ビジネス用のブログを開設したい人

になります

 

MAG

価格:10,980円(税込)

アクセスを増やすための施策と広告収益を上げるための施策を組み合わせた、ワードプレスの有料テーマです

 

かなり細かい部分にまで考えられているテーマで、多くの人にオススメです

レイアウトは4つも準備されており、その全てにデータ的な裏付けがされています

例えば

・人がどのようにして文章を流し読みするのか
・最初にアクセスをしたときにどこを見るのか

などです

データが蓄積しているだけでなく、集めたデータをうまく活用していることがわかります

 

Genesis

価格:$59.95

世界中に20万人を超えるユーザーがいるということで知られている、ワードプレスの有料テーマです

 

日本では知名度が低いですが、じつはバズ部が利用していたと言えばわかる人もいるはずです

あのテーマが、このGenesisなのです

SEOについても当たり前ですが対応済みで、最新のSEOにもすぐに対応しているのが特徴です

 

しかも、様々なジャンルのスペシャリストがテーマの開発に関わっているので、初心者でも安心して利用ができるテーマとなっています

 

ただし、カスタマイズには向いていないことと、関連する資料が英語になっていること、そして支払いがドルということが気になる点です

 

英語の資料に抵抗があるのならば、DeepL翻訳を利用するのがオススメです

 

まとめ

それではまとめていきます

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました