レンタルサーバー会社が倒産してしまった時にやることをまとめました

レンタルサーバー会社が倒産してしまった時にやることをまとめましたの画像 レンタルサーバー

こんにちは!

複業家のキョウです

レンタルサーバー会社が倒産してしまいました。

何をすれば良いのでしょうか

今回は

  • レンタルサーバー会社が倒産してしまった時の影響
  • レンタルサーバー会社が倒産してしまった後の対応
  • レンタルサーバー会社が倒産してしまう理由

について解説しています

 

この記事を読むことで

レンタルサーバー会社に問題が起きた時の対処法を知る

ことができます

 

それでは早速、解説していきます

 

倒産してしまった時の影響

影響として考えられるのは以下の2つ

  1. アップロードしているデータが全て消えてしまう
  2. ドメインの所在が不明になる場合がある

 

アップロードしているデータが全て消えてしまう

レンタルサーバー会社が倒産をしてしまうと、当然のことながらレンタルサーバー自体が消えてしまいます

 

基本的にはデータも消えてしまうと思って良いでしょう

ただ、大手企業や優良企業であれば、データのバックアップを保存しています

担当者に交渉することで、データを返してもらうことがありますので、積極的に交渉してみましょう

 

ドメインの所在が不明になる場合がある

この事象は、レンタルサーバー会社を経由して独自ドメインを申請している場合に起きます

 

ドメインの所在はレンタルサーバーが管理しているのですが、倒産してしまうと所在が不明になります

 

その結果、ドメインが利用できなくなってしまい、作り上げたブログやサイトが強制的に閉鎖されてしまう自体に

 

中古ドメインとして出回ることもあるようですので、買い戻すというのも一つです

ただ、高額な値段がつけられている場合もありますので、諦めるしかないのが実情

 

倒産した後の対応

対応として考えられるのは以下の2つ

  1. 担当者の所在を明らかにしておく
  2. アクセスできる状態であればデータを抜き出しておく

 

担当者の所在を明らかにしておく

レンタルサーバー会社の担当者が誰なのかを知ることが必要です

なぜなら、倒産後の対応についてやり取りが必要だから

 

例えば

・データの所在について
・ドメインの所有権について
・契約途中の場合には返金があるのか
・会社としてどのような保証があるのか
・会社の運営が引き継がれるのか、終わるのか
・担当者がいつまでサポートしてくれるのか

など

契約する時よりも情報収集が大変かもしれません

 

アクセスできる状態であればデータを抜き出しておく

倒産したということは、レンタルサーバー会社を変える必要があります

 

ドメインが利用できる状態であれば、レンタルサーバー会社を変えてデータ移行することで、ブログやサイトを復活させることができます

 

復活させるためにはアップロードし続けたデータが必要です

 

例えば

・アップロードした画像のデータ
・ブログ記事
・サイト(ブログ)のデザインデータ
・データベースの情報

など

 

抜き出せるデータは全て抜き出しておきましょう(ダウンロードしておきましょう)

自分がわかる・わからないは抜きにして、です

データ移行は手間がかかりますし、慣れていないと失敗する可能性が非常に高い

 

なので、慣れている人や業者さんにお願いするのがオススメですが、データが抜けていたりすると大変です

 

もう一度、言いますね

抜き出せるデータは全て抜き出しておきましょう(ダウンロードしておきましょう)

 

倒産してしまう理由

倒産してしまう理由としては3つ

  1. 中小企業だった
  2. 会社を買収された
  3. 個人運用だった

中小企業だった

全ての中小企業が当てはまるわけではないですが、大手よりもやはりリスクはあります

 

・思ったよりもユーザー数が増えなかった
・運営維持に費用がかかりすぎた
・問題が多すぎて会社自体の体力が削られてきた

など、理由はさまざま

 

会社を買収された

中小企業の場合には、会社が買収されてしまう可能性があります

大手であれば合併ですね

 

そのことにより、運営していた事業が引き継がれずに、サービス終了となってしまうことがあります

サービス終了となってしまった場合には、別の会社に乗り換えるしかありません

このパターンであれば、データの抜き出しに関しては保証してくれるところもあるので、まだ安心できるかもしれませんね

 

個人運用だった

レンタルサーバーの運用を個人でもできることをご存知でしたか?

実は、出来てしまうのです

そのため、個人事業主としてレンタルサーバーの管理や運営をしている人がたまにいます

 

運営はかなり大変です

・サーバーの安定稼働
・トラブルが起きた時の対応
・初心者のサポート

など

 

会社がやっていることを個人がやっているので、疲弊もします

結果として、継続できずにサービス終了となってしまうわけです

 

この場合はデータの抜き出しに関して担保されていない可能性が高いので、運営元を確認しておくのをオススメします

 

まとめ

もしものために、私達はどうすれば良いのでしょうか

それは、きちんとバックアップを取っておく、ということです

 

ワードプレスのプラグインの中には、バックアップを取ることができるものがあります

それを利用するのも一つの手です

 

FTPを使いこなせる人であれば、サーバーから直接ファイルを保存しておくのも良いです

 

記事に関しては、Googleドライブなどのクラウドストレージを利用することをオススメします

私もGoogleドライブを利用して記事作成をしています

パソコンだけでなく、スマホからもアクセスすることができるので、空いている時間を有効活用できますよ

 

以上、「レンタルサーバー会社が倒産してしまった時にやることをまとめました」の記事でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました